FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ストレッチで筋肉を解し代謝を高めればダイエット効果が
ストレッチはエクササイズや運動の前後に行うものです。

ストレッチは筋肉をほぐしてくれるだけでなく、これだけでも
ダイエットを十分助けてくれます。

それもそのはず、ストレッチには全身の代謝を上げ、エネルギー
消費量をアップしてくれる効果があるのです。

ほかにも、怪我の予防や柔軟性の向上に血行促進、運動による
疲労の回復にも役立ちます。

また、ストレッチには、筋肉の緊張をほぐして疲労物質を
取り除いてくれる効果もあります。

疲労がとれてリラックスする事でストレスによる暴飲暴食を
おさえる効果も期待できます。

気持ちよく筋肉の伸びを感じながら、じゅうぶんに行いましょう。

ストレッチは椅子に座ったまま出来るものや布団の上で
出来るもの等もあります。

とくに忙しい方にはこのダイエット法は有効なのではないでしょうか。

例えば、首を自然にまっすぐ立てて、左にゆっくりと倒します。

軽い刺激がある程度まで首を倒したら、10秒数えながら
ゆっくり呼吸します。

倒した首をゆっくりとたてて、今度は右にゆっくりと倒します。

同じように10秒数えながらゆっくり呼吸します。

これを1~3回くらい繰り返します。コレだけでも十分に効果が
期待できるのです。

是非、試してみてはどうでしょうか。
スポンサーサイト
脂肪の種類でダイエット方法を決める
脂肪の種類によっては落としやすい脂肪があるのをご存知ですか?

脂肪(体脂肪)には大きく分けて皮下脂肪、内臓脂肪の二種類があります。

皮下脂肪とは、皮膚のすぐ下の脂肪、一方の内臓脂肪とは、皮膚より
ずっと深いところ、内臓の周囲に付着する脂肪のことをいいます。

ところで、二種類の体脂肪にはそれぞれ保温とエネルギーの貯蓄、
その他の役割がありますが、脂肪を過度にため込むのは万病のもと。

そこで、脂肪を落とす必要があるのですが、さて、落としやすいのは
どちらの脂肪でしょうか?

それは内臓脂肪のほうです。

内臓脂肪は蓄積しすぎると成人病などを引き起こすため注意が
必要なのですが、内臓脂肪は一般的に「つきやすけれど、落ち
やすい」という特徴があります。

有酸素運動とバランスの取れた食事を続けることで、皮下脂肪よりも
はやく減っていきますので。

地道にダイエットをして行きましょう。

内臓脂肪は内臓、つまりお腹周辺につきます。

全体的には太っていないのにお腹だけ特にぽっこりでている人は
「内臓脂肪が付いている」可能性があります。

おへその横の脂肪を皮膚ごとつかんでみてください。

お腹が出ているのに脂肪をしっかり「つかめない」場合には
内臓脂肪がたっぷり付いていると考えられます。

一方、皮下脂肪は特にお尻や太ももにつきやすい脂肪です。

自分に合ったダイエット方法を見分けることで確実にダイエットを
成功させられるようにしたいですね。
骨盤矯正で歪みを戻すとダイエットに繋がる
骨盤は体の中心に位置し、脊柱の一部である仙骨、それに接した
左右の大きな腸骨、前方にある恥骨と坐骨から構成されています。

そして股関節と連結しており、上肢と下肢を支えている
「体の支柱」のようなものです。

横から見るとやや前に傾いていて、正面から見ると
逆三角形をしています。

盤はバランスをとったり、歩行したり、日常生活において非常に
重要な役割を果たしています。

骨盤はまわりの筋肉によって支えられています。

筋肉とは、上半身と骨盤をつないでいる腹直筋と脊柱起立筋、
下半身と骨盤をつないでいる臀部筋群(おしりの筋肉)と
内転筋(ふとももの内側の筋肉)です。

骨盤が歪んでしまうと、体のバランスが崩れ、スタイルが
悪くなったり、肩凝りや腰痛などの不調を引き起こし、さらには
不妊を招く恐れもあるのです。

座骨を広げないようにする骨盤専用クッションが販売されています。

あなたにとってもっとも長い時間座る場所骨盤専用クッションを
イスに正しく置きます。(前後左右がありますので、間違えないように。)

正しく座ったら、両手で下腹部を軽く押さえます。

力を入れてお腹をへこませた状態で、1分キープ。

静かに深く呼吸しましょう。

これを一日に何回か意識して行います。

これだけでも充分に効果が現れるでしょう。

少しずつでも体のバランスを戻して行けるよう頑張りましょう。
断食はダイエットするための前準備
最近のダイエット法は単品ダイエットなどより運動を効果的に
行うタイプのダイエットが注目されるようになりました。

今まで、基本的に断食ダイエットは健康面を考えるとしては
いけないというのが一般的な考え方です。

しかし一方で精神修行等の一環で断食という行為は
古くから行われている行為です。

また、今では現代の食生活のありかたそのものが
疑問視されつつあります。

過食暴食などにより胃や内蔵に負担がかかっている
と言うことです。

断食がダイエットとして改めて認識されつつあるようです。

断食ダイエットは断食と半断食の二つに分かれます。

まず前者ですが、断食ダイエットといっても完全に
断食するわけではありません。

一定の水分とダイエット食品のみで生活します。

もちろん、長い間の断食はおすすめできません。

3日間くらいがお勧めです。

あまり長くやると健康を害する恐れがあるので要注意です。

断食の目的はやせることだけじゃないのです。

普段使いすぎている胃を休ませることが目的なのです。

現代の荒れた食生活でぼろぼろになっている体内の老廃物や
有害物質を排出するので、体質改善や健康目的になり、
ダイエットに適した体になります。

つまり、断食自体はダイエットのための前準備と考えるべきでしょう。
Copyright © 痩せるたくさんのダイエット方法を教えます!. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。