FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東洋医学の神秘、耳つぼダイエット
ふつう食べる栄養素を考え、運動をしていけば痩せますが、面倒です。

そこで、耳つぼダイエットです。

ストレスで狂った食欲中枢が正しく働けば、栄養の摂りすぎを防ぎ、満腹感を感じられるんです。

そのダイエットメカニズムを、自然と労少なく、働かせるために、耳つぼを刺激してやるのです。

ダイエットリピーターなら何度も聞いたであろう方法でしょう。

でも、実践している人は、案外少ないのです。このダイエット知識が普及してないからでしょう。

実践している人は、数キロは、体重を減らす事が出来ています。

だから、耳つぼダイエットの知識を啓発します。

まず、さまざまなツボは耳に集約しているらしいです。

よって、中国4000年の東洋医学では耳針療法なるものがあり、ここから発祥した、耳ツボを使ったダイエット療法は、紀元前からあるようです。

耳はひとつの器官というだけではなく、全身及び五臓六腑と密接な関係があって、十二経脈の中のすべての陽経と、それに属するツボの運行経路はすべて耳を通るという事が わかっています。

そこで、耳つぼを刺激により、全身のツボの運行経路がスムーズになり、その結果狂った食欲中枢が正しく働き、ダイエットが進むのです。
スポンサーサイト
ミスパリのダイエット
エステサロンです。ここでのダイエットのプログラムは、
科学的かつ実践的です。

まず、ダイエットを始めるにあたり、無料ビューティードックを
受けないと、いけません。

部位別の体脂肪・筋肉量、内臓活性レベル他10種類以上の分析結果を出し、
肥満タイプや太った原因を具体的に割り出していきます。

それから初めて、オーダーメイドの、ダイエットプランを立てていきます。

代表的なものを挙げます。

まず、小顔ダイエットに、フェイススリムがあります。

ハリウッドスター御用達の若返りの美顔術です。

高度なハンドテクニックによるマッサージは、肌の真皮に働きかけ、
肌細胞や筋肉を活性化させ、タルミを解消して、小さく引き締まった
小顔にします。

トリプルバーン痩身法は、減量・引き締め・体質改善の三ポイントの
ダイエットアプローチ。

取れにくいセルライト、メタボリックシンドロームの内臓脂肪、
皮下脂肪の三ポイントの脂肪にアタックし、確実なダイエット
効果をもたらします。

ファットバーンは、中周波の波が、鍛えるのが困難な身体の
インナーマスクルを動かし、引き締まったボディをつくります。

ベッドに寝たままで約1時間分の有酸素運動になるという、ラクさです。
脂肪の種類でダイエット方法を決める
脂肪の種類によっては落としやすい脂肪があるのをご存知ですか?

脂肪(体脂肪)には大きく分けて皮下脂肪、内臓脂肪の二種類があります。

皮下脂肪とは、皮膚のすぐ下の脂肪、一方の内臓脂肪とは、皮膚より
ずっと深いところ、内臓の周囲に付着する脂肪のことをいいます。

ところで、二種類の体脂肪にはそれぞれ保温とエネルギーの貯蓄、
その他の役割がありますが、脂肪を過度にため込むのは万病のもと。

そこで、脂肪を落とす必要があるのですが、さて、落としやすいのは
どちらの脂肪でしょうか?

それは内臓脂肪のほうです。

内臓脂肪は蓄積しすぎると成人病などを引き起こすため注意が
必要なのですが、内臓脂肪は一般的に「つきやすけれど、落ち
やすい」という特徴があります。

有酸素運動とバランスの取れた食事を続けることで、皮下脂肪よりも
はやく減っていきますので。

地道にダイエットをして行きましょう。

内臓脂肪は内臓、つまりお腹周辺につきます。

全体的には太っていないのにお腹だけ特にぽっこりでている人は
「内臓脂肪が付いている」可能性があります。

おへその横の脂肪を皮膚ごとつかんでみてください。

お腹が出ているのに脂肪をしっかり「つかめない」場合には
内臓脂肪がたっぷり付いていると考えられます。

一方、皮下脂肪は特にお尻や太ももにつきやすい脂肪です。

自分に合ったダイエット方法を見分けることで確実にダイエットを
成功させられるようにしたいですね。
ダイエットにも健康にも良いトウガンの効果
淡泊な味わいで、暑い季節の食卓にピッタリの食材のトウガン。

楕円形でラグビーボールのような形をしており、種類や産地に
よって多少の違いがありますが、育つと直径20~30cm、
長さ30~50cmほどになるたいへん大きな野菜です。

トウガンは昔からダイエットや、糖尿病、高血圧、
腎臓病をはじめとするさまざまな病気の改善に
役立つことで知られています。

とくに利尿効果は野菜のなかで最もすぐれており、高い
痩身効果があることが古来中国の薬学書『食療本草』に
記されています。

トウガンには肥満を予防するサポニンや、糖の吸収を
抑制して、抗ガン作用を持つと注目されている
トリテルペンなどの成分が含まれているとみられています。

これらについては、現在各所で研究が進められていますが、
トウガンが水太り以外の肥満やさまざまな症状に効果を
発揮するというのは、これらの成分に由来する効果だと考えられます。

またトウガンは実だけでなく、皮や種にも薬効があります。

皆さんも水煮にしたトウガンを食生活に積極的にとり入れて、
ダイエットに役立ててみてはいかがでしょうか。
ダイエットには代謝機能を取戻す事が先決
ダイエットしても、いつも途中で挫折したり、リバウンドしてしまったり……。

そんな「ダイエット失敗組」に共通しているのは、「ため込みやすい」
体質になってしまっていること。

ダイエットというと、まずは食事制限を考えます。

摂取エネルギーを減らし、運動をして消費エネルギーをふやす。

もちろんこれはダイエットの基本です。

ただ食べ物を制限するだけだと、その状態に対して体は
なるべくエネルギーを節約し、使わないようにします。

しかも、食事を制限すると栄養素が偏ることが多く、
体の調整能力も落ちてしまいます。

とったエネルギーを燃やすこともうまくいかず、体内の
不要なものを排出できない、これがため込み体質なのです。

ため込み体質から脱出するにはどうすればよいのでしょうか。

まず、体の毒素排出機能を復活させる栄養素として、
食物繊維があげられます。

ご存じのように食物繊維は体内で消化吸収をされることの
ない成分で、同時にコレステロールなどをくるんで体外に
排出するのに役立ちます。

直接毒素排出に役立ってくれるのです。

とくに夜仕事等をしていてどうしてもよるに食事をしてしまう
方はクッキー3枚程度をおやつに食べるようにすると良いでしょう。
Copyright © 痩せるたくさんのダイエット方法を教えます!. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。