スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豆乳クッキーでダイエット
食事の代替食品として、豆乳クッキーを食べるだけの豆乳クッキーダイエットは、簡単で、決定打となり得ます。

忠実に実行すれば、体調もお肌もトラブルことなく、健康的に、体重にして4キロダウンします。

豆乳クッキー一食あたりのカロリーは低いです。

たとえば、コンビニ弁当800kcal程度を、豆乳クッキーダイエット146kcalに替えるだけで、500kcalほどOFFになります。

それでいて、満腹感満たされ、ダイエット特有のストレスは溜まりません。その満腹感のヒミツは、おから。

水を含むとカサが2倍、重さ3倍にまで増えてくれて、少量でも満腹感が得られるんです。

その上、食物繊維そのものなので、ダイエットに重要な、お通じが気持ちいいです。

ダイエットのお肌のトラブル、体調不良の悩みも、イソフラボンやレシチンが解消してくれます。

しかも、わずか146kcalなのに、通常の一食分に必要な栄養が、バランス良く含まれています。

なおレシチンには、脂肪ダウン効果もあります。

味は、ホテルのシェフが、チェックしました。

かつてあった、ブランのクッキーはカスカスで食べれたものではありませんでした。

でもこれなら、ダイエットを続けることができるんです。
スポンサーサイト
色々ある豆乳ダイエットでも続ける事が秘訣
大豆をゆでて、すりつぶし、絞り出した乳状の液体を豆乳と言います。

豆乳は日本人には馴染みのある食品と言えるでしょう。

「畑の肉」とよばれる大豆は、ローカロリーでありながらバランスよく
栄養素を含む自然健康食品の代表選手。

豆乳は大豆とほとんど変わらない栄養素をふくみます。

大豆には「大豆サポニン」と「大豆ペプチド」がふくまれています。

「大豆サポニン」は脂肪・糖質の吸収を遅らせてくれる成分、
「大豆ペプチド」は吸収してしまった脂肪の燃焼をうながして
くれる成分です。

大豆製品のなかでも「豆乳」をおすすめするのは「液体」だから。

固形の豆腐にくらべても成分の吸収が優れているんです。

各成分に活躍してもらうためには、毎食前に飲むことも大切な
ポイントです。

食事の量も自然とすくなくなります。豆乳はそのまま飲んでも
良いし、寒い時に暖めて飲んでも良いでしょう。

その時に、大豆特有の甘さを感じるために砂糖やはちみつを
入れないで飲みましょう。

また最近は、コンビニエンスストアなどで売っているジュースにも
豆乳を使ったものがありますのでそういったものを利用しても
良いでしょう。

いろいろなタイプのものを試していれば毎日飽きないで
続けることができるんじゃないでしょうか。
Copyright © 痩せるたくさんのダイエット方法を教えます!. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。