スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
脂肪やコレステロールを抑制する杜仲茶のダイエット効果
杜仲茶には、鉄分や亜鉛などミネラルを豊富に含んでいますが、杜仲茶に
含まれるゲニポシド酸という成分が脂肪やコレステロールの再吸収を抑制し、
体脂肪を減少させるためとされています。

近年、ラットをつかった実験で、杜仲茶には食事で摂った脂を効率よく
分解・燃焼する作用があることが明らかになっており、杜仲茶の
ダイエット効果を裏付ける結果となりました。

杜仲茶ダイエットの方法ですが普段飲んでいるお茶を杜仲茶に変えて、
一日に何杯も杜仲茶を飲みましょう。

1日2リットルくらい杜仲茶を飲むことを目指してください。

水分を摂るダイエットでは、最初の1ヶ月は体重が増えることがあるので、
せめて二ヶ月は実行試してみましょう。

会社や学校にも杜仲茶を水筒に詰めて持っていくようにすればいいですね。

杜仲茶のお茶葉を買ってきて、一度に大量に作っておくほうが経済的です。

今は手軽なお茶になったものも市販されているので、それを利用すれば
面倒くさがりの人でも大丈夫ですね。

食事制限や運動をするわけではないので、リバウンドの心配も少ないです。

また、杜仲茶には単なるダイエットだけでなく、メタボリックシンドローム
(メタボリック症候群)の解消にも効果があるらしいです。

メタボリックシンドロームは、内臓脂肪に加え、高血圧や高血糖、高脂血症が
重複して発症している状態をいいます。

メタボリックシンドロームになると、やがては心筋梗塞や動脈硬化を引き起こす
可能性があり、日本の中年男性の約半数がメタボリックシンドロームだという
衝撃的な調査結果が公表され問題となりましたね。

なのでこのダイエットは女性の方だけでなく男性にも率先して
いただきたいダイエットなのです。
スポンサーサイト
脂肪の種類でダイエット方法を決める
脂肪の種類によっては落としやすい脂肪があるのをご存知ですか?

脂肪(体脂肪)には大きく分けて皮下脂肪、内臓脂肪の二種類があります。

皮下脂肪とは、皮膚のすぐ下の脂肪、一方の内臓脂肪とは、皮膚より
ずっと深いところ、内臓の周囲に付着する脂肪のことをいいます。

ところで、二種類の体脂肪にはそれぞれ保温とエネルギーの貯蓄、
その他の役割がありますが、脂肪を過度にため込むのは万病のもと。

そこで、脂肪を落とす必要があるのですが、さて、落としやすいのは
どちらの脂肪でしょうか?

それは内臓脂肪のほうです。

内臓脂肪は蓄積しすぎると成人病などを引き起こすため注意が
必要なのですが、内臓脂肪は一般的に「つきやすけれど、落ち
やすい」という特徴があります。

有酸素運動とバランスの取れた食事を続けることで、皮下脂肪よりも
はやく減っていきますので。

地道にダイエットをして行きましょう。

内臓脂肪は内臓、つまりお腹周辺につきます。

全体的には太っていないのにお腹だけ特にぽっこりでている人は
「内臓脂肪が付いている」可能性があります。

おへその横の脂肪を皮膚ごとつかんでみてください。

お腹が出ているのに脂肪をしっかり「つかめない」場合には
内臓脂肪がたっぷり付いていると考えられます。

一方、皮下脂肪は特にお尻や太ももにつきやすい脂肪です。

自分に合ったダイエット方法を見分けることで確実にダイエットを
成功させられるようにしたいですね。
Copyright © 痩せるたくさんのダイエット方法を教えます!. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。