スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ダイエットの方法
ダイエット方法の研究の分野は、西洋的な栄養学はもちろん、東洋的な栄養学・行動心理学・身体学、メンタルに関すること、各種セラピーやスピリチャル分野を考え合わせると多岐にわたります。

ダイエット、と検索で入れただけで、ウン万件出てきます。どれをクリックするか迷うものです。

それでも、ダイエットに関するさまざまな勉強・研究の中で、確実に痩せることができるダイエット方法、健康なダイエットのためにいちばん重要なポイント、ダイエットに成功する人の共通点、ダイエットができる人とできない人の根本的な違い、ダイエット後リバウンドすることなく、生涯 ずっとスリムでいるコツ、がわかってきました。

それは、パラドックス的ですが、ダイエットと食に関する、注ぐエネルギーを、クールダウンさせる事なんです。かといって、夜中にお腹が空いたから、ラーメンなんてのとは、少し違います。とりあえず、キツキツのカロリー計算はやめてみませんか。

そうすると、かえって食物の事でお頭がいっぱいになります。

よく、子どもの頃、ご飯ができたと呼ばれても、遊びに夢中になっていたでしょう?

そういう状態を、大人になっても作り出すと、やせるんです。

証拠に、のめりこむモノのある人は、スリムです。
スポンサーサイト
脂肪の種類でダイエット方法を決める
脂肪の種類によっては落としやすい脂肪があるのをご存知ですか?

脂肪(体脂肪)には大きく分けて皮下脂肪、内臓脂肪の二種類があります。

皮下脂肪とは、皮膚のすぐ下の脂肪、一方の内臓脂肪とは、皮膚より
ずっと深いところ、内臓の周囲に付着する脂肪のことをいいます。

ところで、二種類の体脂肪にはそれぞれ保温とエネルギーの貯蓄、
その他の役割がありますが、脂肪を過度にため込むのは万病のもと。

そこで、脂肪を落とす必要があるのですが、さて、落としやすいのは
どちらの脂肪でしょうか?

それは内臓脂肪のほうです。

内臓脂肪は蓄積しすぎると成人病などを引き起こすため注意が
必要なのですが、内臓脂肪は一般的に「つきやすけれど、落ち
やすい」という特徴があります。

有酸素運動とバランスの取れた食事を続けることで、皮下脂肪よりも
はやく減っていきますので。

地道にダイエットをして行きましょう。

内臓脂肪は内臓、つまりお腹周辺につきます。

全体的には太っていないのにお腹だけ特にぽっこりでている人は
「内臓脂肪が付いている」可能性があります。

おへその横の脂肪を皮膚ごとつかんでみてください。

お腹が出ているのに脂肪をしっかり「つかめない」場合には
内臓脂肪がたっぷり付いていると考えられます。

一方、皮下脂肪は特にお尻や太ももにつきやすい脂肪です。

自分に合ったダイエット方法を見分けることで確実にダイエットを
成功させられるようにしたいですね。
りんごは悪くない・単品ダイエットが問題
りんごダイエットとは、りんごだけを3日間食べ続ける
というダイエット方法です。

以前に話題になりましたが今では実践している人も
少ないでしょう。

「単品ダイエット」といわれる、一つの食品しか摂らない
ダイエット方法の代表格で、医学的根拠はありません。

栄養不足による精神的肉体的苦痛が多く、変調をきたす
例が多く見られます。

リンゴだけという偏ったダイエットは肌荒れの原因、タンパク質
不足で脂肪燃焼が妨げられ、リバウンドする可能性も高く、
満腹中枢を刺激する物質の分泌にも悪影響を及ぼします。

断食ダイエットに近くなり、長期間に及ぶと危険な状態になります。

ただし、リンゴ自体は非常に健康的な食品で健康や栄養
バランスを考えた上で生活の中に取り入れて行くのはとても
良いことで、リンゴを活用することでダイエットや生活を
改善して行くことは可能でしょう。

リンゴには体の中に溜まった毒素を排出してくれる作用があり、
便秘などにも効果がある。

また、腎臓にもいいので血液が浄化され、整腸作用もあって
腸の中をキレイにしてくれます。

リンゴは生でも美味しいですが、ジャムにしたり焼いたり、
またはすってヨーグルトに和えると言った使い方も出来るでしょう。
太ももなどの下半身をダイエットする方法
普通のダイエットに成功しても太ももや下半身部分を
きれいにダイエットするのはなかなか難しいでしょう。

体重を押さえられたら次は太もものラインを美しく
ダイエットさせましょう。

血行や水分代謝も改善するダイエット法ですので、
足の疲労回復やむくみにも効果があります。

特に、両方の手のひらの下部をぴったりとあてて、
力を入れて上から下にこすります。

終わったら今度は下から上へと力を入れ、つかむように
マッサージします。

何度か繰り返し、筋肉が張ってくる感じがしたら終わりにします。

椅子に腰掛けます。足はそろえてリラックスさせてください。

親指と人差し指で、膝のお皿を両側からつかむようにして
マッサージします。

お皿を持ち上げるようにしたら、お皿の両側を30回ほど押すように
マッサージします。

椅子に腰掛けて、足はリラックスさせます。

両方の手のひらの付け根で、力を入れて弾ませるように
上から下へ30回くらい足をたたきます。

もちろん、1回だけしたところで、疲労回復やむくみには
ききますが、ダイエット効果は得られないでしょう。

コレを毎日続けてみましょう。

少しずつですが効果が感じられるように根気よく、続けてみましょう。
色々ある豆乳ダイエットでも続ける事が秘訣
大豆をゆでて、すりつぶし、絞り出した乳状の液体を豆乳と言います。

豆乳は日本人には馴染みのある食品と言えるでしょう。

「畑の肉」とよばれる大豆は、ローカロリーでありながらバランスよく
栄養素を含む自然健康食品の代表選手。

豆乳は大豆とほとんど変わらない栄養素をふくみます。

大豆には「大豆サポニン」と「大豆ペプチド」がふくまれています。

「大豆サポニン」は脂肪・糖質の吸収を遅らせてくれる成分、
「大豆ペプチド」は吸収してしまった脂肪の燃焼をうながして
くれる成分です。

大豆製品のなかでも「豆乳」をおすすめするのは「液体」だから。

固形の豆腐にくらべても成分の吸収が優れているんです。

各成分に活躍してもらうためには、毎食前に飲むことも大切な
ポイントです。

食事の量も自然とすくなくなります。豆乳はそのまま飲んでも
良いし、寒い時に暖めて飲んでも良いでしょう。

その時に、大豆特有の甘さを感じるために砂糖やはちみつを
入れないで飲みましょう。

また最近は、コンビニエンスストアなどで売っているジュースにも
豆乳を使ったものがありますのでそういったものを利用しても
良いでしょう。

いろいろなタイプのものを試していれば毎日飽きないで
続けることができるんじゃないでしょうか。
Copyright © 痩せるたくさんのダイエット方法を教えます!. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。