スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
骨盤矯正で歪みを戻すとダイエットに繋がる
骨盤は体の中心に位置し、脊柱の一部である仙骨、それに接した
左右の大きな腸骨、前方にある恥骨と坐骨から構成されています。

そして股関節と連結しており、上肢と下肢を支えている
「体の支柱」のようなものです。

横から見るとやや前に傾いていて、正面から見ると
逆三角形をしています。

盤はバランスをとったり、歩行したり、日常生活において非常に
重要な役割を果たしています。

骨盤はまわりの筋肉によって支えられています。

筋肉とは、上半身と骨盤をつないでいる腹直筋と脊柱起立筋、
下半身と骨盤をつないでいる臀部筋群(おしりの筋肉)と
内転筋(ふとももの内側の筋肉)です。

骨盤が歪んでしまうと、体のバランスが崩れ、スタイルが
悪くなったり、肩凝りや腰痛などの不調を引き起こし、さらには
不妊を招く恐れもあるのです。

座骨を広げないようにする骨盤専用クッションが販売されています。

あなたにとってもっとも長い時間座る場所骨盤専用クッションを
イスに正しく置きます。(前後左右がありますので、間違えないように。)

正しく座ったら、両手で下腹部を軽く押さえます。

力を入れてお腹をへこませた状態で、1分キープ。

静かに深く呼吸しましょう。

これを一日に何回か意識して行います。

これだけでも充分に効果が現れるでしょう。

少しずつでも体のバランスを戻して行けるよう頑張りましょう。
スポンサーサイト
キャベツだけでダイエットするのは危険
時々、ほんとうにキャベツだけを食べてダイエットしようとする
人がいますがそれでは栄養バランスが崩れてしまいます。

ダイエットというよりも断食になってしまうでしょう。

パンやご飯などの炭水化物の代わりに千切りやザク切りに
したキャベツを食べるという方法。

レタスなどの他の葉野菜で代用も可能です。

嗜好さえあえばダイエットに有効な方法です。

ただし、キャベツ等を食べる際に油をたくさん使った
ドレッシングなどを使うのは控えましょう。

また、おかずを少なくしすぎてキャベツ断食にならない
ようにも注意が必要です。

キャベツはそのほとんどが水分と食物繊維ですから、
煮ても焼いてもダイエットをサポートするヘルシー食材です。

品種を変えればほぼ一年中手に入りますので冷蔵庫に
常備して、日々の料理に積極的に利用しましょう。

キャベツを使えば使うほど、カロリー控えめのヘルシー
料理になります。

食前に一定量のキャベツを食べることにより咀嚼の回数を
増やし満腹中枢を刺激することで、その後の食事量が
少なくても満腹感を得られるようにすることが出来ます。

満腹感が得られてもキャベツが中心では気分的に
満足できないかもしれませんね。

その辺は自分で我慢できるように頑張ってみましょう。
Copyright © 痩せるたくさんのダイエット方法を教えます!. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。